看護師 転職

勤続年数ごとの転職観【看護師編】

1年目の看護師が転職する前に考えたいこと。

 やっとあこがれの看護師になれたと、最初は意気揚々と働いていたのに1年くらい経ってくると、夜勤や給料面など不満を持ってこんなはずじゃなかったと思う人は多いと思います。こうして勢いのまま1年目で転職を考えると、後で大変な目に合うことがあります。どこの業界もそうだと思いますが、1年目ですぐ辞めると根性がないとか、問題があるように受け取られがちです。

 また、看護師はとにかく経験とスキルが重要になってくる仕事です。求人側もひよっこより、経験の多い人を採用したがります。出来ることなら3年くらい我慢してやってみてから、転職を考えてみても遅くはないと思います。3年くらい働いたらある程度自信もつき、今までに見えなかったものが見えてくるかもしれません。

 勢いで転職して、次の仕事場で馴染めず、辞めてしまっては元も子もありません。また、看護師などの交友関係は特に同期で入った間で頻繁に交友されます。こうした事もきたんと考えた上で、転職をするか考えなければいけません。

20代看護師転職のメリットについて

 一般の会社もそうですが、看護師の転職についても一般的に20代の転職は不利であると考える人が多いと思います。しかし、看護師の20代での転職に関しては、実は非常に有利なのです。大まかなメリットをあげると、1つ目に「体力がある」2つ目に「長く勤務する可能性がある」3つ目に「職場に順応しやすい」という点があります。特に3つ目の職場への適応力は大きなメリットです。

 というのも経験を積んだ看護師は、先輩看護師や病院のやり方を素直に受け入れられず、自分のやり方を通そうとしがちだからです。すぐに職場に馴染み、周りの看護師とスムーズに連携が取れるような適応能力は最大のメリットとなるでしょう。20代は経験の少ないことがデメリットになりますが、長く働いてもらえる可能性のある「若さ」は20代にしかありません。面接ではすぐに辞めそうな人と判断されないように、「長く働けること」と「やる気があること」をアピールしてください。転職理由や今後はどうあれ、20代で使えるメリットは最大限に使いましょう。

30代で、看護師へ転職チャレンジ

 30代の私の看護師への転職経験です。大学を卒業後、物流関係の会社の事務をしてきました。毎日変わらない同じような事務作業をこなし、やりがいを感じることは少ない日々でした。このままの生活に不安を感じ、人のためになる看護師になろうと、決意しました。仕事は辞め、看護学校に入学しようと思い、必死に勉強をし無事入学することができました。

 自分よりも、10歳以上も歳の離れたクラスメイトと一緒に勉強し、毎日毎日色々なことを学び吸収し、今までとは比べ物にならないくらい、とても充実した学校生活を送りました。実習も初めてだらけで緊張しましたが、先輩看護師さんから多くのことを学び、より憧れが強くなりました。無事に資格も取ることができ、就職も近くの病院に決まりました。


 30代での看護師へのチャレンジ、今まで眠っていた頭を使って必死に勉強し、辛い時期もありましたが、とても良かったと思います。30代でもまだまだ夢は諦めずにかなえることが出来ます。事務員から看護師への転職、始まったばかりですが、とても楽しみな日々です。転職はとても大変ですが、しっかりと目標を持ってがんばったこと、自分の誇りです。


訪問看護や在宅看護にも興味があり、実際に重要性が増している(http://houmon-kangoshi.com/now/zaitakukango.html)ので、いずれはそちらの分野にも行きたいと燃えています。